文字サイズ

Magazine

2018年11月29日

今日のカセリーヌ

中学 理科の授業

ごきげんよう。最近の中学理科の内容を紹介します。

 

中学2年生では、「天気、温度、湿度の関係」についてグループで考えました。

 グループごとに地域を決めて、ある日の1日の天気を調べました。

1時間ごとの天気記号・風向・風力を記入することまではスムーズにできました。温度と湿度をグラフにするとき、どうしたら見やすく表せるか、グループごとにさまざまな工夫が見られました。

最後に、グラフを用いて分かったこと全員の前で発表しました。

温度によって水蒸気量はどのように変わっていくのか・・・今後の授業で学んでいきましょう。

    

 

中学3年生では、「太陽と星の1日の動き」を考えました。

 実際に天球の模型を作成し、太陽の動きや、星座の動きなどペンやシールを使って表しました。最後にカラフルなテープでフタを止めて、天体の知識もしっかり学習しつつクリスマスの飾りのように素敵な模型を完成させることができました。

教科書では平面なので分かりにくいところも、模型を使うことでよく理解できていました。

  

» 一覧に戻る

アクセス

生徒からの学校紹介